産後と仕事復帰

こんにちは。

出産から3週間が経ち

(☝🏻生徒さん達ありがとうございます☺️🙏💛🎁)

睡眠不足を除いたら身体的には

全然仕事復帰できそう!な回復を感じておりますが

なかなかそうはさせてもらえないのが

「授乳問題」👶🏻🤱

👉🏻完全母乳で育てたいから息子と一時も離れたくない❗️

とか

そういう問題ではなく

しばらく時間が経つと

「イタタタタタタタタタタタタタタタ‼️」

胸がカチンコチンに張って

痛くなってしまうのです。

これは胸が母乳で一杯になり

「赤ちゃん👶🏻に飲ませてあげてー!」というサインです。

ひどい時は

「イッターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ‼️‼️痛い痛い痛いいいいいいっ❗️」

寝てても飛び起きてしまうくらいの激痛。

(最近はそこまでにはならなくなったが)

この症状を放っておくと

乳腺炎という恐ろしい病気になってしまうらしく😱

まさに

⚫︎飲みたい赤ちゃん👶🏻

⚫︎飲ませたい母🤱

という関係が

気持ちの面だけではなく

身体の構造的にも成り立っていることに驚きです。

(☝🏻tutuの生徒さんでもある助産師さんに自宅で授乳のゴールデンポジションを教えてもらいました🤩✨目から鱗でしたよ流石!)

授乳をするとカチンコチンに張っていた胸も

柔らかく、痛みも消えて楽になり

泣いていた赤ちゃんも、お腹一杯になって

リラックスしてぐっすり寝てくれます。

これが離れ離れになったらどうでしょう⁉️

🤔😱

産後の仕事復帰の面から考えてみましょう。

👇🏻

赤ちゃんは👶🏻

家族・保育園・ベビーシッター

母乳のかわりにミルク🍼

など

わりと選択肢は豊富です👍🏻

しかし

母側の

胸カチンコチンイタイイタイ問題に関しては

離れ離れで授乳🤱できなかったとしても

搾乳機などで絞って出してしまえば楽になるものの

実際に職場で

👩‍💼「すみません、、あの、乳絞って来ていいですか??」

👴「そうかい、どうぞごゆっくりいってらっしゃい❗️」

とはなりませんよね😂💦

たいてい「は⁉️」ってなりますよね😂😂

10分〜30分くらい時間もかかりますし、、

人によって胸が張る頻度も違いますし、、

タイミングもありますし、、

なかなか理解を得るのは難しいですよね😭

これがバレエ講師の場合

クラス指導中に胸が激痛。

「すみません!ちょっと乳絞ってきます!」

30分後

クラス終了時間。笑

みたいな🤣💦

ないわー‼️‼️‼️笑

😂

こんなことにならない為に

クラスがはじまる直前に授乳or搾乳をする必要があるわけですが

授乳だったら

赤ちゃんの飲みたいタイミングとうまく合わなければいけない問題も出てきますし

搾乳だったら

どこで搾乳する?!問題も出てきたりするわけで、、

トイレに2、30分こもるってなかなか迷惑ですし

胸を出すことすら公の場ではNGなわけで😱

気軽にフラッと入れる搾乳ルームなんて街中には無いです😭💦💦

ところが

赤ちゃんの離乳食がはじまる生後半年前後になると

胸の張りや授乳頻度がだいぶ落ち着いてくるみたいで(不思議。。)

身体的にはだいぶ楽になるみたいです😳

病院で

春に復帰したい旨を話すと

早いですねー!

と言われていた理由の一部が

なんだかわかってきた気がします😀

これらの問題を踏まえて

どうなっていくかは私たち次第なので

息子と少しずつペースを掴んでいけたらなと思います👶🏻🤱✨(完全復帰の前に月に数回から試してみたりなども検討してます👍🏻)

いかがでしたか⁉️

私自身、胸が痛くなることや

赤ちゃんとママにとって授乳時の姿勢がいかに大切か(この記事ではあまり触れてないですが💦)

など

経験してみないと知らないこと、わからないことばかりだったので

産休で1年お休みされるママさんや

育休を取得されるパパさんさんたちにも

もっともっと理解が得られる社会になれればいいなぁと思いました。

そして、そんな産後のママさんたちにも

喜んでまた踊ってもらえるような

クラスも届けてあげたいなって

思いました。

きっと必ずまた楽しく踊れる時が来ますよ。

大丈夫ですよ。私は信じてますよ。

TAKANO

マタニティボディとバレエ

こんにちは。

前回の記事は

メンタルのお話でしたが

今回は身体の使い方的なお話です🤗

以前こんな記事を書かせていただきました👇🏻

https://takanokawahata.com/blog/2019/07/17/post-5151/

その後、いろんな方から共感の声や喜びの声などいただいたのですが🙏✨

今回は

実際に私が妊娠・出産・産後の時期を経験して

改めて🌸バレエの身体の使い方🌸が女性の健康的な身体づくりに役立つと確信できたので

是非皆さまとシェアさせていただきたいと思います😊💐

現在出産から18日が経過したので

私のお腹はぺたんこに戻りつつあるのですが

なんと腹筋の割れ目を確認することができました😳

もちろん全然!前と比べたらしょぼしょぼではありますが🤣

(妊娠前の写真☝🏻)

私はつわりが妊娠初期から後期までの全期間を通して続いた為

まず最初の2か月であれよあれよと腹筋がなくなってしまいました。

なのにも関わらず

今現在腹筋の割れ目が薄っすらと確認できるのは

おそらく仕事復帰後のバレエを意識した姿勢作りのお陰かなと思います😇

【妊娠中】

2か月の寝たきり生活を脱して

ようやく歩けるようになった頃。

ブログ冒頭の記事にも書いてあるように

骨盤の前傾には特に気を付けて生活していました。

するとtutuでクラス指導に復帰した時

意外と脚を上げることが出来たんです。

(復帰した頃☝🏻)

というか

赤ちゃんが心配で

意図的にあまり上げないように気を付けておりましたが

上げようと思えばいくらでも上げられそうな感覚がありました。

それはどういうことかと言うと

腹筋を使えていたということを意味します🤩(腹筋を効果的に使えていないと脚は高く上げられないので)

そんな具合で

お腹が重くなってきても

つわりでバレエのクラスを受けることができなくても(受けられたらもっと良かったに違いない)

骨盤を真っ直ぐに整えることを意識したことにより

腹筋を養いながらも

赤ちゃんが通り易い産道づくりができたのでは?と感じております。(妊娠中よくあると言う腰痛も1度も感じずに済みました。)

【出産】

なので出産時のいきみもいろいろと調節ができましたし、やはり腰を反らないように腹筋に力を入れて

赤ちゃんを押し出す‼️というのは

私がバレエエクササイズクラスで指導している正しい腹筋の使い方と同じだったのです😱✨✨

(出産の途中、私が腹筋で上体を起こしすぎてなぜか体育座り状態になってしまって

思わず笑いを取ってしまったエピソードは置いておいて🤣笑

☝🏻先生達は後ろで支えていた夫がフルパワーで押し過ぎたと思っていたみたいですが、あれは私の腹筋です😂✋🏻笑)

そして

【産後👶🏻✨】

具体的にどんな変化でどんな感覚⁉️と思っておりましたが

身体の痛みが治った今1番感じるのが

骨盤が横に広がってる感じがする‼️です😱

わかり易く言うと

内腿同士がピタッとくっつかないような感覚ですかね😱💦

(確かに当たり前と言えば当たり前ですよね?!そうならないと赤ちゃん出てこられないですもんね💦)

なので自然とお尻の外側にお肉が付いてる状態になっております。

言い換えれば痩せてるのにお尻の外側にお肉が付いてる方は

骨盤が緩んでる可能性が考えられると言うことです💦⚠️

なので今私ができる対策は骨盤ベルト

などで骨盤の緩みを矯正することや

エクササイズが大切かと思います。

知らずにいろいろ家でやっておりましたが

これらは産褥体操と言って

病院でも産後のママ達に指導されている体操だったりしました😱👍🏻✨(私、先生でよかった!笑)

やはり骨盤を整えながらの腹筋や

歩き方や姿勢を整えて内腿を意識することによって

身体の早期回復ができると感じております。

これらの身体作りや意識は

妊活にも妊娠関係なくても

バレエの上達だけでなく

健康的で美しい身体作りにもとても効果的です。

緩んだ骨盤は

バレエのレッスンができなくても

骨盤を前傾させずに

内腿を擦り合わせるようなイメージを保ちつつ、かかとから床に接触するように歩くことで改善できるので(ガニ股で歩かない)

春までに妊娠前の身体に戻せたらいいなぁと思います😳✨(体重はあと2キロ😂)

いかがでしたか??

是非皆さまも、レッスンでも日常生活でも

正しい骨盤✨

意識してみてください😇♥️✨

☝🏻寝相が悪過ぎる😂

気付くと自分で横向きにもなってるし、、

新生児ってこんなに移動するのか?!笑

TAKANO